妊娠線への対策

妊娠線の予防に最も効果的なのは保湿だと言われています。
皮膚にこまめにクリームやオイルを塗布しておくだけで妊娠線ができないこともありますし、できたとしても最小限にすることができます。
ただし、妊娠中は体調の良し悪しもありますし、普段とは心も体も状態が異なってしまうためにうまくいかないこともたくさんあります。
普段なら妊娠線予防のためにクリームを塗るための時間くらいは簡単に作れるものですが、妊娠中はそうもいかないこともあります。
特に、つわりがひどいと終日横になる必要があったり、クリームの匂いが辛くて塗れないということもあったりします。
塗らなければと意識してしまうと逆にストレスになってしまったり体調不良の原因となることもあります。
そこで、無理をせず出来る範囲で対策をしようと考えることが重要です。

もしも妊娠線ができたとしても、美容クリニックで妊娠線を消すことができます。
もちろん簡単に消すことは難しいですが継続して対策をすれば効果を得ることはできます。
妊娠線ができることを恐れて食事を満足にできなかったり心が休まらなかったりするのは最も避けたいことです。
万が一できても消せるんだと少し気楽に捉えておく方が精神的にも良い状態を保つことができます。

妊娠線と遺伝

出産をした人の中には、妊娠線のケアをしていたのにできてしまったという人がいます。
逆に特に対策をしていないのに妊娠線ができなかったという人もいます。
このような差が生まれるのは遺伝的なものや体質的なものが原因として関わっているとされています。
最近では妊娠線を予防するために様々なケアの方法が紹介されていますしアイテムも増えていますが、残念ながら完璧に予防するための方法というのはありません。
もちろん、対策をしないよりした方が妊娠線を防ぐ確率は高まります。
そこで、できやすい人は早いうちから適切な対策をして予防することが望ましいのです。

では、妊娠線ができやすい人はどのような人なのでしょうか。
できやすい人の特徴として、皮下脂肪が多い、筋肉が少ない、背が低い、皮膚が硬く伸びにくい、体重増加が大きい、肌が乾燥している、というものが挙げられます。
これらは日常生活も関わってきますが遺伝的な要素も大きくあります。
そのために、遺伝や体質で妊娠線のできやすさが決まると言われているのです。
ただし、肌の乾燥や体重増加、筋肉量といったものは日々の心がけで変えることができますから思い当たるものがある人は是非早いうちから対策を講じてみましょう。

妊娠線とは何か

妊娠すると女性の心と体に様々な変化が生まれます。
赤ちゃんを守るために体の形も変化していきますし親としての使命感や幸福感も芽生えていきます。
その反面、不安なこともたくさん増えていきます。
子供を授かることは嬉しいのに、体型が変化することで出産後は元に戻るのか不安になることもありますし、これから先の出産後の生活のことを考えてうまくいくかと心配になったりと悩んだり不安に感じたりすることもたくさんあるものです。
特にこのような悩みは女性特有なもので夫婦での話し合いではうまく解消できないこともあり悩みをうまく解消していくことが大切です。

このような不安に感じることの中の一つに妊娠線のことがあります。
妊娠線はストレッチマークとも言われますが、妊娠中以外にも体にできる肉割れとほとんど同じものです。
どちらも皮膚に亀裂なようなものが入り一度できると消すのがとても大変なものです。
ただ、そのできてしまう原因が異なるだけです。
肉割れは急激な体重増加で起こるものなのですが、妊娠線は妊娠中にできるものです。
体重が増える時にできるのはもちろんですが、人によってはさほど体重が増えていないのにできることもあります。
最近では情報も増えてきていますから、きちんと対策をしておけば防ぐこともできますし、できたとしても最低限にすることができます。
そこで、ここでは妊娠線の予防のための方法、妊娠線が起こりやすい人の特徴とその対策、もしも出来てしまった時の対策法について紹介をしていきます。