妊娠線と遺伝

出産をした人の中には、妊娠線のケアをしていたのにできてしまったという人がいます。
逆に特に対策をしていないのに妊娠線ができなかったという人もいます。
このような差が生まれるのは遺伝的なものや体質的なものが原因として関わっているとされています。
最近では妊娠線を予防するために様々なケアの方法が紹介されていますしアイテムも増えていますが、残念ながら完璧に予防するための方法というのはありません。
もちろん、対策をしないよりした方が妊娠線を防ぐ確率は高まります。
そこで、できやすい人は早いうちから適切な対策をして予防することが望ましいのです。

では、妊娠線ができやすい人はどのような人なのでしょうか。
できやすい人の特徴として、皮下脂肪が多い、筋肉が少ない、背が低い、皮膚が硬く伸びにくい、体重増加が大きい、肌が乾燥している、というものが挙げられます。
これらは日常生活も関わってきますが遺伝的な要素も大きくあります。
そのために、遺伝や体質で妊娠線のできやすさが決まると言われているのです。
ただし、肌の乾燥や体重増加、筋肉量といったものは日々の心がけで変えることができますから思い当たるものがある人は是非早いうちから対策を講じてみましょう。